笠原秀幸、小栗旬などの交友関係と子役時代からの芸歴を持つ名脇役

笠原秀幸さん。
 
正直名前だけ見ても、パッとお顔が浮かぶ俳優さんではありませんでした。
でも、写真を見ると、いろいろなところで、いろいろな役柄で
よく見かける俳優さんだと思いました。
 
様々な顔をもつ笠原秀幸さんですが
子役としてデビューし、芸歴が長いんですね。
そして交友関係の広さにも驚きました。
 
笠原秀幸さんの交友関係と、活躍についてまとめてみました。
 
スポンサーリンク
 

笠原秀幸(かさはら ひでゆき)さんのプロフィール

 

本名:同じ
生年月日:1983年4月29日
出身地:東京都目黒区
身長:174センチ
血液型:A型
 
ドラマ、映画、舞台、バラエティなど幅広く活躍されています。
 

小栗旬をはじめとする幅広い交友関係

良き先輩である小栗旬さん

笠原秀幸さんと小栗旬さんとの関係は
笠原さん18歳、小栗さん19歳まで遡ると、笠原さんがオフィシャルブログにつづっています。
二人は同じトライストーン・エンターテインメントの所属で
小栗さんは所属事務所の先輩にもなるわけです。
 
笠原さんは「中目黒上腕二頭筋」という草野球チームのメンバーだそうですが
このチーム、笠原さん、小栗さんの高校生の同級生を中心に構成されています。
 
小栗さんの家によく遊びに行ったり、仲間と集まっている様子です。
 
以前のブログにこんな記事がありました。
おしゃま大臣こと、小栗旬氏が、また、チャレンジしてる訳なんですけどね。
こういう人間がずっと近くにいて、刺激を受けないなんて事は、ありえない訳なんですけどね。
https://ameblo.jp/hideyuki-kasahara/
 
友人であり、刺激を受ける先輩でもあるようですね。
 
 

幼馴染の勝地涼さん

 

芸能界に入る前からのお知り合いのようです。
笠原「もともと彼のお兄さんと僕が中学の同級生で。家が近いわけではなかったけど、よく泊まりに行っていたんです。そこで小学4年生だった彼とも仲良くなって」
と語っているように、お兄さんにくっついてきた勝野さんの面倒を見るようにして一緒に遊ぶ
幼馴染みたいな関係ですね。
 
勝野さんも
「人生で一番ケンカしてきた人であり、一番笑い合っている人。本当に僕を知っているし、本音を話せる。プライベートで悩んだことも聞いてくれるし」
と、大きな信頼を寄せていて、ほぼ、兄弟同然ですね。
 
2017年に二人芝居「宇宙船ドリーム号」を上演したり
2018年には半年間、文化放送で「ほっとけない金曜日」というラジオ番組を二人で担当していました。
 
うらやましくなるほどの、公私ともによい関係といえると思います。
 

交際が報道された北原里英さん

 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北原里英(@rie_kitahara_3)님의 공유 게시물님,

笠原さんと元AKB48の北原里英さんの交際が噂されていますね
発端は二人がレストランでデートしている様子が
2018年8月24日発売の写真週刊誌『FRIDAY』に報じられたことです。
双方の事務所はORICON NEWSの取材に対し「プライベートは本人に任せています」と熱愛について肯定も否定もしなかったとのことです。
 
その後、北原里英さんの言及から、結婚もあるのではないかと噂されました
元NGT48の女優、北原里英(27)が20日、東京都内でフォトブック「妄想実写化計画」(双葉社、1944円)の発売イベントを行った。
自身の“妄想計画”について「いま27歳なので、東京五輪が終わったくらいに結婚したい」とはにかんだ。(2018.08.21)
お付き合いが続いているのか、それとも破局したのか、結婚に向かっているのか
それ以降、特段報道は見られないようです。
順調だといいですね。
 
スポンサーリンク

笠原秀幸さんは子役時代からの芸歴を持つ名脇役

本格的デビューはNHK日中共同制作ドラマ「大地の子」

笠原のデビューはなんと1993年となっていますが
本格的には1995年のNHKドラマ「大地の子」で
上川隆也が演じた主人公の少年時代を演じたそうです。
 
これ、見ました。リアルタイムで。(年がばれそうですね)
そして、少年の顔は覚えていませんが、泣きました。
素晴しい演技だったと思います。
既に芸歴26年を超えるベテランですね。
 
芸歴が長いだけに、出演ドラマは約90作、映画は約30本
舞台やバラエティーにも登場する幅広い活躍ぶりです。
 
 

今や若き名バイスプレーヤー

主演作はあまり見当たりませんが、
その分、偏ったイメージがないので
どんな役でもこなしてくれる名バイスプレーヤーと言えるのではないでしょうか。
 

 

本当に色々な役をされています。
 
刑事役もやれば、犯人役もOK
主人公を支える友人の役もできれば、主人公を邪魔する悪役もできる
誠実な人物も、卑怯な役柄もできる
まさに七変化ですね。
 
こうして調べてみると、ますます興味が湧いてくる俳優さんでした。
今後の活躍期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください