「それぞれの断崖」の息子役・渡邉蒼は多才な子役!演技の評判は?

2019年8月3日(土)夜11:40からドラマ「それぞれの断崖」が始まります。

 

少年犯罪を扱った社会派ドラマで、13歳の少年にその同級生が殺害されるという事件が起こります。

「被害者の父」志方恭一郎を遠藤憲一さんが演じ、後に「加害者の母」と惹かれ合うという内容だそうですね…。

 

エンケンさんの息子で家庭内暴力で父親との葛藤があり、同級生に殺害されてしまうと言う役柄を演じるのが渡邉蒼(わたなべ あお)くんです。

 

最近、大河ドラマや朝ドラで素晴らしい演技を見せている子役の俳優さんです。

渡邉蒼(わたなべ あお)くんについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

渡邉蒼(わたなべ あお)くんは多才な子役

渡邉蒼くんのプロフィール

生年月日: 2004年10月14日
出身地 :東京都
身長 :162 cm(まだまだ伸びますよね)
特技:歌・ダンス
事務所 :YG ENTERTAINMENT JAPAN

歌・ダンスがうまい天才少年!

渡邉蒼くんは現在YG ENTERTAINMENT JAPANに所属しています。

 

韓国のミュージックアーティストやチェ・ジウさんカン・ドンウォンさんなどの俳優が所属しています。

 

このプロダクションは韓国の大手プロダクション YG ENTERTAINMENTの日本法人として、2007年に設立され、蒼くんは2017年からこちらのプロダクションに所属しています。

 

 YG ENTERTAINMENTといえば、BIGBANG、2EN1、WINNER、iKON、BLACKPINKなどの、世界的に活躍しているミュージック・アーティストを輩出した韓国で最も有名なプロダクションです。

残念なことに最近は創始者のカリスマプロデューサー・ヤン・ヒョンソク氏や所属アーティストを廻る不適切な接待や問題行動が捜査の対象になり、韓国社会に物議を醸しています。

YG ENTERTAINMENT JAPANは別法人として独立していますから、直接影響がないといいですね。

 

 

さて…

YG ENTERTAINMENT といえばアーティストを養成するところ…というイメージがあります。

 

<渡邉蒼くんのお話>

「BIGBANGのSOLさんのようなアーティストになりたいんです!」

「マイケル・ジャクソンの映像を見ていたら、『Ah! Oh!(アオ)』って自分の名前を呼ばれているような気がして、それでダンスを始めました(笑)」

渡邉蒼くんもアーティストを夢見る少年だったんですね。

幼いころからダンスを始め、歌も上手です。

 

まず、歌に関しては、

2014年の日本テレビの「歌唱王」に出場したりテレビ東京の「THEカラオケ★バトル」にも出演しています。

小学校4年生の時に「THEカラオケ★バトル 歌うまキッズ」に出演していた映像がありました。

 

 
 
 
声変わり前の可愛い映像ですが、歌、本当に上手ですね。
 
この時も、将来は世界的なエンターティナーになりたいと語っていました。
 
ダンスも上手だそうです。NHK連ドラ「なつぞら」で見事なタップダンスを披露して話題になりました。
 
 
 
子役として演技が注目されていますが、もともとアーティストを目指していただけあってダンスも上手、歌唱力もあるというすごい逸材ですね。
 
 
演技を始めたのも、アーティストとしての成長に役に立つかもしれないと考えたからだとか。
 
多才な天才子役!来年から高校生ですから、子役という言葉もちょっと似合わないかもしれませんね。
 
スポンサーリンク

渡邉蒼くんの演技の評判はどう?

2016年、フジテレビドラマ「Chef〜三ツ星の給食〜」を皮切りに小学生の頃からドラマに出演してきました。
 
 
主な出演作をご紹介します。
 

2018年大河ドラマ「 西郷どん」- 西郷小吉(西郷隆盛 幼少期)役

 
「西郷どん」では鈴木亮平さん演じる西郷隆盛の幼少期・小吉を演じて話題になりました。
 
 
演技の経験はまだ1年半足らずでしたが、オーディションで大役に抜擢されました。
 
当初から、鈴木亮平さんと雰囲気がよく似ている子役を選んだ!!という評判でしたが、放送後には大人顔負けの演技に、注目が集まりました。
腕を切られ、剣を握れなくなった身体に絶望する場面は視聴者の涙を誘いました。
真っ直ぐな小吉を、のびのびと演じきったという高い評価を受けました。
 
渡邉蒼くんは一番印象に残っているシーンとして渡辺謙さん演じる島津斉彬との場面をあげています。
<渡邉蒼くんのお話>
斉彬さまが『強くなれ!』と小吉に言った言葉ですが、僕自身、渡辺さんからそう激励されたような気がして。今後もその言葉を大事にして、いつか大人の俳優としてまた大河ドラマにでたいです!
そんな日も遠くない気がしますね。
 
「西郷どん」の最終回後にも、幼少期を演じた渡邉蒼くんの演技を高く評価するレビューが寄せられました。
 
<レビュー>
超難解の薩摩弁のイントネーションもバッチリだったので、すごいです
・蒼くんが吉之助の少年時代を演じてくれた事で「西郷どん」を観る「つかみ」になったよ! 本当に素晴らしかった。
 
・もう少し子供時代でも良かった、と思わせるくらい、魅力的な小吉でした。毎回オープニングで見る笑顔も最高でした。
 
・斉彬さまとのシーン、何度見ても感動します。あの経験を得た小吉だからこそ、最終回の西郷さんに繋がっていったんだなって本当に実感しました。
 
・大人になった西郷どんと、少年時代が違和感なくつながって、ドラマを通じてすごい人の一生を目撃したな、と思います。
 

2017年NHKドラマ「詐欺の子」

この作品は、特殊詐欺を題材に、格差社会が生み出した詐欺に手を染める若者たちの姿を、複数の事件の実話を基にドキュメントを交えて描いたドラマでした。
 
第56回ギャラクシー賞テレビ部門奨励賞
第45回放送文化基金賞番組部門テレビドラマ番組最優秀賞 を受賞しました。
 
このドラマで渡邉蒼くんは14歳にして犯罪意識がないまま「受け子 」として詐欺に手を染め、逮捕されてしまうしまう 少年・和人役を演じました。

 
監督からずっと『詐欺のこともあまり勉強しないでほしい。台本も読み込まなくていい』と言われていたので、渡邉蒼80%、三浦和人20%の割合で演技をしたそうで、自然体の演技が注目を集めました。
<渡邉蒼くんのお話>
和人は僕と同じ14歳です。監督との演技の打合せでは、リアルな14歳を演じてほしいと言っていただいて、いい意味であまり考えすぎずお芝居をしています。今回は、1シーンを1カットで撮影を行ったりしていて、演技ではなく本当に困ってしまった表情なども見ていただけると思います
 
監督の川上剛さんも14歳の蒼くんだからこそできた、14歳の等身大の和人の演技を絶賛しています。
 
リアルな演技に高い評価が集まりました。
 
<レビュー>
 
・裁判所のシーンの二人の涙に こちらも泣けました。震えました。
 
・とても良い演技でした。胸が締め付けられました。これからも頑張って下さいね。
 
・あまりにもリアルすぎて「お前、本当にやっていたんだろう」って言われそう。
 
社会的にも大きな反響のあった難しい役柄を見事に演じきりました。
 

2019年 NHK朝ドラ「なつぞら」奥原咲太郎(幼少期)役

オーディションを経て、「なつぞら」では広瀬すずさん演じるヒロインの兄・奥原咲太郎の幼少期を演じました。

 
妹・なつを大切にする咲太郎お兄ちゃんを熱演して、朝から涙を誘いました。
 
岡田将生演じる、成人後の咲太郎にしっかりつなぎました。
 
こんなツイートをしている方もいました。

 
タップダンスのシーンが話題になりました。
 
タップダンスの経験はなかったそうですが、アーティストを目指して頑張ってきた歌とダンスの基礎が大いに役立ちましたね。
軽やかなステップと、すばらしい歌声が感動を呼びました。
 

2019年ドラマ「それぞれの断崖」

少年事件を発端に禁断の愛に翻弄される家族の崩壊と再生を描く「それぞれの断崖」では、主役・遠藤憲一さん演じる志方恭一郎の息子・恭介役を演じます。
 
同級生によって殺されてしまうという難しく、重要な役ですね。
 
主人公の家庭は息子・恭介の家庭内暴力という問題を抱えていて、初日から暴力を振るうシーンが撮影されたそうです。
 
遠藤憲一さんに対して、遠慮したくなる気持ちもあったそうですが、それでは演技としてだめだと思い、思いっきり大暴れしたとのこと。
<渡邉蒼くんのお話>
遠藤さんも僕も結構本気でつかみ合ったりしていたので、家に帰って服を脱いだらつかんだ痕が付いていて…! でも、それも気付かないくらい必死で演技していたので、楽しいと言ったら変かもしれないですけど良い経験にもなり、楽しかったです。
すごいシーンに出来上がっていそうですね。

 
また、殺害されるという初めてのシーンにも真剣に取り組んだそうです。
<渡邉蒼くんのお話>
殺される役は初めてだったので、いい経験になりました。殺される気持ちを想像して演じました。映像配信サイトなどで、いろいろな役者さんの“殺害されるお芝居”を見て、どんな殺され方がこの作品に合うだろうかということを参考にしました。
父親役のエンケンさんも、渡邉蒼くんの演技を褒めていました。
<遠藤憲一さんのお話>
ナチュラルでナイーブな芝居をする子なので、そのあたりが恭介役にぴったりだなぁと。芸歴は3年だけど、結構ベテランだと思いましたね。芝居の感性とかこだわりとかをすごく持っているから。
気持ちにうそをつくのが大嫌いな子なんだってすぐ分かったから、優秀な子だなと。その思いでずっといけば、どんどん伸びていくだろうなと感じました。
 
回想シーンでの登場はあるでしょうが、第1回目で殺されてしまう恭介役。
 
 
出演が短くて残念ではありますが、とても重要な役ですね。
どんな演技を見せてくれるのか期待しましょう。

 
渡邉蒼くん、すごい才能とセンスがある俳優さんですね。
これから、いくらでも成長できる逸材だと感じました。
間違いなく活躍してくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください