監察医朝顔・田川隼嗣の中学や高校は?舞台やドラマの演技に注目

連続ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9:00)の新しいレギュラー出演者が発表されました。

アルバイトとして法医学教室で働くことになった医学部生・熊田祥太役で登場する田川隼嗣(たがわ しゅんじ)さんです。

 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

田川 隼嗣(@shunji.tagawa)님의 공유 게시물님,

 
 

事なかれ主義な草食系男子で新たな愛されキャラクターとして法医学教室を盛り上げていくという役どころだそうです。

連続テレビドラマで役名がある出演は初めてですが、注目を集めそうですね。

田川隼嗣(たがわ しゅんじ)さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

監察医朝顔のキャスト・田川隼嗣(たがわ しゅんじ)さんのプロフィール

生年月日:2000年12月25日生まれ

出身地:長崎県

身長:175cm

血液型:B型

特技・趣味:ヌンチャク、絵、料理、釣り

好きな食べ物:肉、トマト

嫌いな食べ物:カラシ(薬味は全般的に好きだが、なぜかカラシだけは食べられない)

好きなこと:バイクで遠出すること、ボールペン一本で細かい背景画を描くこと、映画を見て演技の勉強すること

ペット:実家で飼っているチワワの「マル」

好きな言葉:「すべてのものには学ぶべきことがある」ヘレン・ケラー

ジュノンボーイ

2014年、13歳、中学2年生のときに「第27回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の審査員特別賞を受賞しました。

応募総数1万3520人の中からファイナリスト11人に選ばれ、審査では得意のヌンチャクのパフォーマンスを披露したそうです。

 

当時の身長は167㎝でしたが、現在は175㎝。成長しましたね。

 

この受賞をきっかけに、現在の所属事務所アミューズで芸能活動を始めました。

 

クリスマスの夜中に生まれたラッキーボーイ

以前から「隼嗣はラッキーボーイだ」と言われることがあったそうです。

長崎から偶然東京に来ていたときに、タイミングよくオーディションを受けられたこともあったとか。

本人もよい現場に恵まれていると感じているようです。

 

誕生日が12月25日のクリスマスというのも、タイミングいいですね。

 

18歳の誕生日にはこんなツイートをしています。

 

 
 
 
生まれた時間に母子手帳の写真をLINEで送ってくれる、お母さんも素敵な方だと思います。
東京で頑張っている息子さんに、愛情たっぷりの様々な思いを込めてメールされたんじゃないでしょうか。
 
 
 

料理が得意

 
料理をしている時間が一番幸せです!と語っています。
 
お父さんと一緒に釣りにいって、釣った魚をさばくこともあるそうです。
 
家族のために料理をしたら、作っているだけでお腹いっぱいになっちゃって、寝る前にお腹が空いてしまうこともあるそうです。
ほほえましいですね。
 

 
 
切り方や盛り付け方がとても丁寧です。いつも料理をしている感じがしますよね。
 
 
とろけるチーズと刻みブロッコリーのスープにもチャレンジしてくれました。

 
 
得意料理はパスタだそうです。
 
好きな女の子に作ってあげるとしたら、パスタ料理!!と話しています。
パスタなら写真だけ撮っておけばレシピを覚えているから、その中から女の子が好きなのを作ってあげるそうですよ!!
 
実のお姉さんからは料理が好きな男性って「料理に関してつべこべ言われそうで嫌だ」と言われたそうですが、そんなことありませんよね。
 

出身の中学校や高校はどこ?

 
出身の中学校や高校については公開されていません。
 
 
中学校は佐世保市立宮中学校ではないかと思われます。
 
2016年3月の第69回卒業証書授与式の21人の卒業生の中に「田川隼嗣」という名前があります。
 
年齢や出身地から考えても、この中学校の卒業生である可能性が高いんじゃないでしょうか。
 
 
 
 
出身高校については情報を得られませんでした
 
インスタなどに、地元のお友達らしい方からの長崎弁でのコメントも見られましたが、プライバシーにちゃんと配慮されているみたいです。
 
高校在学中は長崎と東京を行き来しながら仕事をしていたし、こんなに素敵なイケメンなのですから、周りのお友達が「同級生だったよ~」と漏らしても不思議はないのですが、そんなコメントはみつかりませんでした。
 
 
 
みんな田川隼嗣さんのことを大切にしているんじゃないでしょうか。
 
 
 
高校生活についてはあまり語っていませんが
 
好きな科目は「日本史」だそうです。
得意というよりも、教えてくれる先生のことが好きだったからだそうです。
 
そして、嫌いな科目は「数学」。数字には弱いと話しています。
 
 
 
仕事と学業の両立は大変だったようです。テストと仕事が重なった時もあったとか。
 
 
よく卒業しましたよね。がんばりました!!
 
 
長崎と東京を往復する飛行機の中で俳優としてやっていく決意を固めて行ったそうです。
 
 
そして、高校卒業と同時に満を持して東京にお引越しされました。
 
一人暮らしのための家探しの様子を配信していました。

 
スポンサーリンク

舞台で活躍

2017年「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」

まだ現役高校生だった時に初舞台を踏んだ「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」では生田斗真、菅田将暉らと共演しました。
 
ハ​ム​レ​ッ​ト​の​友​人​で​あ​る​ロ​ー​ゼ​ン​ク​ラ​ン​ツ​(​生​田​斗​真​​)​と​ギ​ル​デ​ン​ス​タ​ー​ン​(​菅​田​将​暉​)​の​視​点​か​ら​『​ハ​ム​レ​ッ​ト​』​を​描​い​た​も​の​で​、主演の二人の演技から田川隼嗣さんもたくさんの刺激を受けたそうです。​
 

2018年「今を生きる」

1989年にロビン・ウィリアムズ主演、ピーター・ウィアー監督で制作されたアメリカ映画を元に、ニューイングランドの全寮制学院に赴任してきた英語教師と学生たちの交流を描く心温まる学園ドラマ。
主人公のジョン・キーティング先生を佐藤隆太が演じ、キーティングに教えられ「Dead Poets Society(死せる詩人の会)」というクラブを作生徒6人の絆の深さが大きな見どころでした。
田川隼嗣さんはその6人のうちの一人、正義感を持つチャールズ・ダルトン役を演じました。

 

2019年木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」

 
 
玉手御前役の内田慈さんとととともに、物語の主人公・俊徳丸役を演じました。
 
物語の中では、義理の親子でありながら玉手御前の俊徳丸に対する恋愛感情が見え隠れするという、二人の演技が注目されました。
 
田川隼嗣さんが小学生の時、校歌をみんなで歌った後「今日、めっちゃ、ヘタな人いたよね。私の隣の人だった気がするんだけど…」と言われたのをきっかけに、歌に苦手意識があったそうです。
 
でも、歌がとても重要なポイントを占める音楽劇であるこの舞台のオーディションのために、一念発起して歌の練習に取り組んだそうです。
 
そして、見事に苦手意識を克服しました。
 
この舞台で渾身の演技と歌を披露してくれました。
 
 

テレビ出演

2017年 ドラマ「緊急取調室2」第4話
2017年 AbemaTV「真夏のオオカミくんには騙されない」
2018年 痛快TVスカッとジャパン
2018年 プレミアの巣窟
などに出演しています。

 
そして、2019年、月9ドラマ「監察医 朝顔」医学部生・熊田祥太役で出演します。
 
役名があり、セリフがある連続ドラマは初めてと言うことで、気合十分です。
撮影初日は全てにおいて好奇心が勝っていたそうですが、撮影後、くたくたに疲れて家に帰ると死んだように寝ていたとか…。
 
上野樹里さんはじめ、共演者の先輩たちの演技を見ながら自分の役に生かそうと奮闘中だそうです。
 
また、2019年8月24日(土)夜9時頃放送の「24時間テレビ42」ドラマスペシャル「絆のペダル」にも出演します。
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

田川 隼嗣(@shunji.tagawa)님의 공유 게시물님,

 
 
相場雅紀さん演じる主人公・宮沢崇史の高校時代の同級生・南健太郎役を演じます。
 
 
信濃工業高校自転車競技部の部員ということで、ロードバイクの練習をして撮影に臨んだそうです。
 
こちらの演技にも期待したいですね。

 
高校時代から舞台を中心に実力を伸ばしてきた新人、田川隼嗣さん。
 
月9のレギュラー出演を機に、ブレイクすること間違いないんじゃないでしょうか。
 
活躍を期待し、応援したいと思います。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください