深尾あむは帰国子女で歌もすごい!初出演映画の演技は上手?下手?

中学生向けのファッション誌「ニコラ」って、すごい人気なんですね。

圧倒的人気を誇っていた「セブンティーン」の発行部数を上回る勢いだとか。

 

この雑誌「ニコラ」に登場するモデルのことを「ニコモ」といいますが、毎年編集部主催のオーディションで新人の中から発掘されます。

毎年1万人以上の応募があり、その中から4~5人が選ばれて紙面で活躍しています。

 

「ニコモ」出身の有名タレントや女優さんを見ると、びっくりします。

新垣結衣、岡本玲、西内まりや、池田エライザ、沢尻エリカ、永野芽郁、川口春奈、松井愛莉、藤田ニコル、飯豊まりえ、清原果耶、古畑星夏…

今や女優の登竜門と言えるのではないでしょうか…。

 

さて、最近「ニコモ」の中で注目されつつあるモデルの一人が深尾あむ(ふかお あむ)さんです。

 

映画に初出演を果たし、勢いに乗ろうとしているブレイク間近のモデルさんです。

深尾あむさんのプロフィール、帰国子女であることをはじめとする特技、そして初出演映画について調べてみました。

スポンサーリンク

 

 

深尾あむ(ふかお あむ)さんってどんな人

深尾あむさんのプロフィール

誕生日:2005年11月3日

出身地:滋賀県

身長:160㎝(ニコラ加入時)

所属事務所:トップコート

星座:さそり座

家族:父、母(あむさんは一人っ子)

ペット:トイプードル(名前は「くーちゃん」)

 

 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

深尾あむ(@amufukao.official)님의 공유 게시물님,

 
 
 
目鼻立ちがくっきりはっきりした華やかな印象ですね。
 
メイクや衣装によって、すごく大人っぽい雰囲気にガラリと変わるのも魅力です。
 
 

実は芸歴が長い

2016年4月にエイベックスが主催した「girls model project オーディション」から誕生した関西発の小学4年生〜中学3年生によるモデルユニット「a♡mo (えーも)」のメンバーとして小学校5年生の頃からモデルとして活躍していました。
 
エイベックスアーティストアカデミーに所属してレッスンを受けながら、頑張っていたそうです。
 

 
 
2016年8月の「東京ガールズオーディション2016」にも出場し、受賞こそ逃しましたが、小学校5年生10歳の最年少ファイナリストとして話題になりました。

 
 
その後も、2016年9月から1年間、阪急うめだ本店の「シュガープリンセスルーム」のモデルをつとめたり、2017年には第4期 ジュエナルガールズのメンバーとして広告やカタログのモデルも務めました。
 
2018年3月の「a♡mo (えーも)」解散に伴い所属していたエイベックスを退校しています。
 
 

ニコモとして大活躍

エイベックスを離れ、2018年に行われた第22回ニコラオーディションに一般応募としてエントリーしました。
 
「ニコラ」を選んだのはお母さんのおススメだったとか。
 
合格するなんて思っていなかったそうですが、2次、3次と進むにつれて、だんだん「ニコモになりたい」という思いが強くなってきたそうです。
 
こうして1万1728人の応募者の中から、たった5人のグランプリの一人に選ばれ、「ニコモ」としての活躍が始まりました。
 
 
 

帰国子女で歌もすごい!深尾あむさんは特技がいっぱい

 
深尾あむさんはカナダでの在住経験がある帰国子女です。
 
小学校5年生から「a♡mo (えーも)」のメンバーとして活躍していましたが、それ以前の小学校1年生から4年生まではカナダに住んでいたそうです。
 
だから、特技は英会話!!
 
さらに別の特技が歌とウクレレで、弾き語りができます。
 
 
 
深尾あむさんの英語とウクレレと歌の実力はこちらの動画で確認でます。
 
 
 
どうですか?発音、ネイティブみたいですよね。
 
 
英語は得意だけど、その分漢字には自信が無いそうです。
 
ファンにも「ファンレターはひらがな多めでお願いします!!」と可愛いコメントを発しています。
 
 
 
身体能力も優れているようです。
 
カナダにいたとき、フィギュアスケートチアリーディングをしていたそうです。
 
 
フィギュアスケートの大会で女優の本田望結ちゃんを見かけたことがあり、彼女のような女優になりたいと思ったそうです。
 
女優にになるための道として、モデルを選んだとのことです。
 
 
また中学校ではラクロス部に所属。
 
毎晩のストレッチと筋トレは欠かさないそうです。
 
ダンスも得意だから、いつか披露したいと思っているとか。
 
 
 
また、物怖じしない性格も強みだと思います。
 
 
カナダでは「わたしが、わたしが!!」と前に出てくる友達ばかりだったとか。
 
積極的に自分をアピールする雰囲気の中で小学校生活を送ったのはとても良い影響を与えているようです。
 
経験が多いため、ポージングが上手だと言われることが多いそうですが、何より人前に出ることを楽しむ余裕があるようです。
 
自己PRなども、やっているとだんだん楽しくなってくるんだとか。
 
自分から前に出て行く物怖じしない性格は、これから芸能界で活躍する上で、きっと大きな強みになるでしょう。
 
 
 
様々な才能を秘めた、ポテンシャルの高い逸材ですね。
スポンサーリンク
 
 

初出演映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』での演技は上手?下手?

 
初のオーディションで平野紫耀さん演じる主人公・白銀御行の妹・白銀圭の座を射止めました。
 
「白銀御行の妹で、お兄ちゃんとお父さんと3人でおんぼろアパートに住んでいる反抗期の女の子」だそうです。
 
オーディションはトップバッターで「これでいいのかな?」と思いつつも、周りの影響を受けない演技を披露できたのが勝因だったのではないかと話しています。
 
 

 

 
 
深尾あむさんが演じる白銀圭は反抗期真っ只中で、父親に反抗することも多いそうですが、ご本人と同世代なので、気持ちがよくわかってセリフが入ってきやすかったそうです。
 
全てが初めてで撮影のルールも何もわからない中、共演者の平野紫耀さんや髙嶋政宏さんにいっぱい助けてもらって頑張れたとのこと。
 
<深尾あむさんのコメント>
もっと演技がうまくなりたいって思いました! やはりみなさんと比べて、自分はまだまだだなって。演技は嘘がないから、頑張らないといけないなって思います。
モデルは、かっこよさや、かわいさを表現することが多いけど、演技は自分の恥ずかしいと思う表情だって見せないといけないですよね。
見せる部分に違いがあるのかなって。だから演技力がないとダメだし、もっともっと上手くなりたいって思いましたね。
 
女優としての一歩を踏み出したあむさんですが、撮影を終えて役者としての成長の意欲が生まれたようですね。
 
 
2019年9月6日の公開を心待ちにしているファンからのコメントも寄せられています。
 
 

 
初演技に関するレビューなどの反応が見られましたら、また追記いたします。
 
 
女優として歩み始めた深尾あむさん、これからの活躍を応援したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください