黒羽麻璃央は崎山つばさと同居中?初のパパ役の演技は上手?下手?

黒羽麻璃央(くろば まるお)さんといえば、舞台などでの共演が多い崎山つばささんと仲がいいことで知られていますね。
ファンの皆さんからは親しみを込めて「まるつば」と呼ばれ、ほぼカップル扱いです。
 
黒羽麻璃央さん、最近では舞台はもちろんですが、テレビや映画での活躍も増えて来ました。注目を浴びている若手俳優の一人です。
 
黒羽麻璃央さんのプロフィール、崎山つばささんとの同居の噂、演技力や新しいドラマについて調べてみました。
 
スポンサーリンク

 

 

黒羽麻璃央(くろば まるお)さんってどんな人?

黒羽麻璃央さんのプロフィール

本名:黒羽 麻璃央
生年月日: 1993年7月6日
出生地:宮城県
身長 :180 cm
体重:60キロ
血液型: AB型
利き手:左利き

趣味:音楽鑑賞(主にジャバレゲ)、バンド活動
所属事務所:ヴィズミック

 

 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒羽麻璃央(MARIO KUROBA)(@mario_kuroba)님의 공유 게시물님,

 
 

黒羽麻璃央は本名!

黒羽という苗字、ちょっと珍しいですね。
 
一般的には「くろは」と読み「くろば」以外にも「くろばね」「くろはね」と読む場合もあるそうです。
全国に約3000人ほどいらっしゃって、4158番目に多い苗字だとか。
 
「茨城」「東京」「福島」「神奈川」「栃木」の順に多く分布ということです。
 
黒羽麻璃央さんの出身である宮城県も8位となっており、関東より北の方に「黒羽」さんが多いようですね。
 
麻璃央さんという名前の由来については、ご本人がブログで説明しています。
 
<黒羽麻璃央さんのコメント>
オヤジが昔料理人やってた時にTVでまりおっていう名前のシェフの方が出ていたらしく
その方からとったらしいです。
あと世界でもまりおって名前の方はいるので
世界に通用するようにってのが由来らしいです。
 
ゲームのキャラクターの方じゃなかったんですね。
 
でも、「マリオ」って聞いたら世界中の人が一発で覚えちゃうんじゃないでしょうか。
いい名前をつけてもらいましたね。
 
インスタでは、ご両親との中の良さそうな写真も公開されています。
 
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒羽麻璃央(MARIO KUROBA)(@mario_kuroba)님의 공유 게시물님,

 
 

野球少年からジュノンボーイに

第23回JUNON SUPER BOY CONTESTで応募総数1万5132人の中からファイナリストに選ばれ、準グランプリ&AGF賞を受賞しました。
 
小さい頃から「かわいい」と言われていて、漠然とテレビに出たいと言う思いはあったそうです。
 
でも、テレビよりも野球を選んで、高校まではずっと野球少年だったそうです。
 
高校生の時、ケガで野球を断念。
 
当時、友達の中に仙台のモデル事務所で仕事をしている人がいて、彼に勧められてジュノンボーイのコンテストに応募したそうです。
 
コンテストの時はベスト30からベスト10を選ぶタイミングで、一度落選。
でも、東京による敗者復活で見事に準グランプリとAGF賞をダブル受賞しました。
 
ここから、人生かわりましたね。
 
ご両親や地元の仲間に見送られて上京する新幹線では涙が止まらなくて、トイレの中でずっと泣いていたとか…。
 

黒羽麻璃央さんの地元愛がすばらしい

 
今でも地元の仲間とのつながりを大切にしていて、仙台に変える新幹線はやっぱりうきうきするそうです。
 
自分を育ててくれ、支えてくれている地元仙台に対する感謝をいつも表しています。
 
<黒羽麻璃央さんのコメント>
震災があった時、僕は高校3年生であの状況を生で体験してるんで…それを見たり体験したりしたからこそ、良くしてもらった地元へは何かを返したいなぁっていう想いがずっとあるんです。
 
芸能界に入ったら、地元の観光大使として活躍したいし、仙台にある勾当台公園という公演で東北のためのチャリティイベントなども開催したいとデビュー当時から熱い夢を語っていました。
 
その夢かなって
2018年10月、みやぎ絆大使に任命され、2019年から宮城県のPR活動を後押ししています。
 

 
故郷への思いが伝わってきますね。
 
 

 
 
地元仙台で楽天の始球式も経験されました。
 
野球少年だっただけに、とても嬉しかったそうです。
 
 
地元への感謝と愛。素晴らしいですね。
 
 

舞台を中心に大活躍

 
2012年ミュージカル「テニスの王子様」の菊丸英二役(7代目)で俳優デビューし、数々の舞台に出演されています。
 
<黒羽麻璃央さんが出演した舞台作品>

2012~2014年 

ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン – 菊丸英二 役

2014年 

ミュージカル「リズミックタウン」- カイ役

2015年 

舞台『WILD HALF〜奇跡の確率〜』再演 – ウルフ役
劇団TEAM ODAC「MOON & DAY〜うちのタマ知りませんか?〜」- 小峰昇一役
朗読劇「魔導師は平凡を望む」
音楽劇「恐るべき子どもたち」ジェラール役
朗読劇「しっぽのなかまたち」4ハチ(犬)/ファン太 役
音楽劇「金色のコルダ Blue♪Sky First Stage」- 如月律 役

2015年~

ミュージカル『刀剣乱舞』 – 三日月宗近 役

2016年~

舞台「私のホストちゃん」 – 璃来哉 役
舞台「黒子のバスケ」 – 黄瀬涼太 役

2016年

朗読劇「僕とあいつの関ケ原」- 井伊直弼/大谷吉継 役
朗読劇「俺とおまえの夏の陣」- 片倉重長 役
タクフェス第四弾「歌姫」 神宮寺 役

2017年 

舞台「熱海殺人事件」NEWGENERATION – 大山金太郎 役
男水! – 仁科譽 役

2018年 

リーディングドラマ「シスター」
朗読劇 私の頭の中の消しゴム 10th letter

2018年~

恋を読む「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 

黒羽麻璃央さんといえば「2.5次元の王子様」と呼ばれ、『刀剣乱舞』の三日月宗近のイメージが強いのではないでしょうか。

 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒羽麻璃央(MARIO KUROBA)(@mario_kuroba)님의 공유 게시물님,

 

2018年の年末には『刀剣乱舞』の出演俳優による「刀剣男士」のメンバーとして紅白出場も果たしました!

長年『刀剣乱舞』で熱演してきた活躍が認められたんですね。

紅白では、19人でゲームの世界から飛び出してきたような舞台を披露して話題になりました。

若者たちの熱狂とは逆に、年配の方たちは、一体何者だ??という反応でおもしろかったです。

 

黒羽麻璃央さんは崎山つばささんと同居中なの?

ファンの皆さんからは「まるつば」と呼ばれるほど、二人の仲良しぶりは有名です。

『刀剣乱舞』のシリーズ公演では黒羽麻璃央さんが三日月宗近、そして崎山つばささんが石切丸役で、ずっと共演してきました。

ドラマ「広告会社、男子寮のおかずくん」でも同じ社員寮に住む友人として共演し、ナチュラルな演技が評判でしたね。

プライベートでも仲睦まじい?写真がアップされています。

 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒羽麻璃央(MARIO KUROBA)(@mario_kuroba)님의 공유 게시물님,

 

 
 
楽しそうですね…。どんだけ仲良しなんでしょうか…。
 
 
二人ともいろいろなところで「仲良しです」と公言していますし、一緒に出演したイベントなどで「一緒に住んでます」というような発言をしているので、同居しているとか、同棲しているという噂があります。
 
 
崎山つばささんはご自身のブログで黒羽麻璃央さんのことを「僕のライフパートナー」なんて言ってます。
そして、「ライバルというより戦友」と語っています。
一緒にレベルアップしてきた同士という感じなんでしょうか。
 
<崎山つばささんのコメント>
役者の友達って、僕ホントに数少ないんですよ。もう初めて言いますけど、そのなかでも麻璃央は、僕のなかでは一緒に居たい人で、友達でいたい人。仕事でもそうですし、プライベートでも僕のことをひも解いてもらって(笑)。
 
黒羽麻璃央さんも崎山つばささんのことを「60年後も一緒にいられる人。結婚するならこういう人だと思う」と語っています。
 
<黒羽麻璃央さんのコメント>
やっぱり人としての本質みたいなところで近いものがあるのかもしれないね。あと、僕は体内時間がゆったり流れているんですよ。しかも、自分のやりたいこととかあまり主張しないとか。そういう根本的なものが似ていたりするから、一緒にいても苦じゃないのかなって思いますね。
 

二人の相思相愛?ですね。もちろんBL的なことじゃないとご本人も念の為に話してます。

 

二人の同居説は、ほぼ二人のネタとなっていて、事実ではありませんね

 

崎山つばささんが「僕、人の家には行くんですけど、家に誰も呼ばないんです。でも麻璃央は呼んでいいかも(笑)。」なんて行ってます。

2018年の旅の取材でもプライベートではまだ二人で旅行に行ったことがないから、いつか旅行したいとコメントしていました。

 

お互いに波長が合い、お互いに尊敬し、お互いにライバルとして競い合いながら一緒に成長している黒羽麻璃央さんと崎山つばささんの関係。素晴らしいですね。

羨ましく思いました。

スポンサーリンク

 

 

初のパパ役の演技は上手?下手?

BS日テレで2019年9月2日から連続ドラマ「パパ、はじめました」がスタートします。

 

黒羽麻璃央さんは事故で亡くなってしまった遠い親戚の一ノ瀬傑(シソンヌ・長谷川忍)から、一人娘の雛(早坂ひらら)と千葉の海岸にあるカフェ「スカイブルー」を託された主人公・成瀬光太郎を演じます。

3人の若者と1人の女の子の奇妙な同居生活が展開されるドタバタ劇のコメディだとうなので、とても楽しそうですね。

黒羽麻璃央さんにとっては初めての父親役です。

<黒羽麻璃央さんのコメント>

今回、生まれてはじめてパパ役をやる黒羽麻璃央です。まさか自分がパパになる日がこんなに早く来るなんで思っていなくて、自分が一番びっくりしています。この作品は笑いあり、涙ありの家族の物語だったり、時には友情もあったり、毎話毎話、変なゲストが来たりと内容盛りだくさんになっています

アドリブもどんどん織り交ぜて楽しい撮影になっているそうです。

ドラマのレビューなどが出ましたら、また追記したいと思います。

 

黒羽麻璃央さんは舞台のイメージが強いですが、ドラマや映画でも活躍されていますよね。

今までどんな役を演じてきたか見てみましょう。

 

2019年 ドラマ『広告会社、男子寮のおかずくん』

社員男子寮に入居している西尾・東良・北・南郷の4人が、毎週金曜に晩ごはんを持ち寄る「ハナキン持ち寄り会 」をひらき、美味しい手料理をほおばりながら、1週間の疲れを癒している姿を描く物語です。

黒羽麻璃央さんは、広告会社の若手営業・西尾 和(にしおかず)役を演じ、連ドラ初主演を果たしました。

仲良しの崎山つばささんも同期のマーケティング・東良役で登場し、演技なのか素なのかわからないほどの息のあった演技で楽しませてくれました。

 

 

料理が上手な役どころだったので、料理学校にちゃんと通ったそうです。

半熟オムライスは一発で決めたそうです。料理人のお父さんのDNAを受け継いでいるのかもしれませんね。

ドラマに登場する美味しそうな食事のシーンが、視聴者を幸せにしてくれました。

<ドラマのレビュー>

・どんどん惹き込まれていく作品だった。

・それぞれの、食べ方が食をより美味しく見せてる感じが良かった!簡単に試せそうなものもあったし今度つくろーっと

・癒される!こんなほっこりな金曜の夜を過ごしてるサラリーマン存在するの?というかんじ。料理を作る工程とても美味しそう。

・もし自分が男に生まれたならこういう生活を望んでました

2019年7月には劇場版も公開され、江ノ島を舞台に江の島グルメのタウン誌の制作に奮闘する物語が展開されました。

<劇場版のレビュー>

・全体的にありがちな平凡なストーリーだけれどなんだかんだで食べることって人生で幸せなことなんだなと思いました。

・黒羽麻璃央さん演じるおかずくんが広告を通して貫き通す信念みたいなものが、就職してなんとなく仕事して過ごしている私に、仕事を決めた時の気持ちを思い出させてくれた71分でした。

・まりつばの江ノ島デートにとてもほっこりされられました。

・無性にペスカトーレが食べたくなる映画。それ以外の料理もとってもおいしそうだったな~。

 

ほっこりと癒やされる作品でしたね。

 

2019年ドラマ「コーヒー&バニラ」

大人気コミック「コーヒー&バニラ」を福原遥さん主演でドラマ化。

桜田通さん演じるパーフェクトイケメン社長・深見と福原遥さん演じるリサの激甘溺愛ラブストーリーでした。

黒羽麻璃央さんは2人の恋をかき乱す、超肉食系ライバル社長・阿久津孝晃を演じました。

<黒羽麻璃央さんのコメント>

もちろん深見がかっこいい場面が凄く多いですけど、阿久津みたいな男性もいいと思ってもらえたら嬉しいなと思っています。俺様な感じとか、ちょっと癖になる感じというか、一癖も二癖もあって中毒性のあるような人間を演じて、ドラマはドラマ版で楽しんでもらえるように頑張ります。

自分とは全く違う「俺様キャラ」は初めてだったそうですが、吹っ切って演じきったのではないでしょうか。

 

2019年9月6日公開 映画『いなくなれ、群青』

大学文芸員が選ぶ第8回大学読書人大賞や、「読書メーター」 読みたい本ランキング第1位などを獲得した河野裕の同名ミステリー小説を映画化した作品で、島の人たちは誰もが自分がなぜこの島に来たかを知らない「階段島」という島に住む高校生たちの物語です。

黒羽麻璃央さんは、横浜流星さんが演じる主人公:七草が唯一心を通わせる高校生・ナドを演じます。

ナドは主人公・七草と同じ高校に通う高校生で、いつも屋上にいて、相手によって様々な本の主人公の名を名乗るという不思議な存在です。

<黒羽麻璃央さんのコメント>

 皆さんの頭と心に『?』を生み出すポジションとして作品に奥深さを出せたらなと思っています。

 

こちらも公開を控えているので、どんな演技を見せてくれるか楽しみですね。


 

連続ドラマ「パパ、はじめました」での初めてのパパ役ではどんな演技を見せてくれるのでしょうか?

ほっこりしたコメディーであるなら、ドラマ『広告会社、男子寮のおかずくん』と少し共通する部分があるかもしれませんね。

 

舞台だけでなく、ドラマや映画でもどんどん演技の幅を広げている黒羽麻璃央さん。

これからの活躍に期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください