井手上漠ベストジーニストの理由と可愛すぎる画像!韓国の反応は?

2019年10月15日に第36回ベストジーニスト賞が発表されました。

中島裕翔が3度目の受賞でが殿堂入り、山本美月さんや出川哲朗さんが初受賞したことが話題になりました。

その中でも「可愛すぎる男子高校生」井手上漠(いでがみ ばく)さんが本年より新設された「次世代部門」に選出されて注目を集めました。

井手上漠さんのプロフィールや、ベストジーニスト「次世代部門」受賞の理由、デニム着こなしの画像について調べてみました。

また、私が住んでいる韓国では韓流女優さんに似ていると話題です。韓国での反応も紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

井手上漠(いでがみ ばく)さんのプロフィール

生年月日:2003年1月20日

血液型:B型

出身:島根県隠岐郡海士町(あまちょう)

身長:163cm

兄弟構成:お姉さん(一歳上の暖乃さん)

特技:歌、絵、バレー

部活動:男子テニス部マネージャー

あこがれの人:ローラさん、滝沢カレンさん、渡辺直美さん、水原希子さん、石原さとみさん、菅田将暉さん、坂口健太郎さん

好きな色:白、ベージュ、グレー、深緑

好きな食べ物:もちもちしたもの(『クリームたい焼きカスタード』)

好きなキャラクター:ドラえもん

 

 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井手上 漠(@baaaakuuuu)님의 공유 게시물님,

 

ベストジーニスト「次世代部門」受賞の理由は?

第36回ベストジーニスト「次世代部門」受賞

「ベストジーニスト」は、日本ジーンズ協議会がジーンズの良さを多くの人々に知ってもらうために毎年開催しているアワードで「一般選出部門」「協議会選出部門」「次世代部門」の3つの部門があります。

「次世代部門」は今年始めて設けられ、これからの時代を作る新たな世代の中から「ジーンズスピリッツ」が感じられる人を主催者である日本ジーンズ協議会が選考するそうです。

井手上漠さんは「自分らしさを追求し、自分を最大限表現することにより、今の時代に新しい価値を創造している」という選考理由で今回「次世代部門」を受賞しました。

<井手上漠さんのコメント>

ジーンズは私の生活の中で欠かせないアイテムでして、私は男性なんですけどファッションではユニセックスのものを取り入れています。デニムは欠かせないものとなっていて、沢山デニムやジーンズを持っています。私が愛し続けていたジーンズの賞を頂いて嬉しく思います。

 

自分らしさを封じ込めていた小学生のころ

井手上漠さんは「可愛すぎる男子高校生」「ジェンダーレス男子」として脚光を浴びています。

幼少期のころから仮面ライダーよりプリキュアが好き、サッカーするよりお人形遊びが好きというふうに、女の子が好きなものに魅力を感じていたとか。

 

 
 
髪も長いほうが落ち着くし、小学校高学年になると美容やメイクにも興味が湧くようになったそうです。
 
そのことを特別なこととは捉えずに暮らしたいたのですが、小学5年生のころから『男なのに、どうして女子と一緒にいるの?』とか『気持ち悪い』みたいな批判を受けるようになり、自分を封じ込めるようになったと話しています。
 
髪をバッサリ切って短くしたり、男の子らしく振る舞ったりして、自分らしさを押し殺す日々は本当に辛く苦しかったそうです。
 

自分らしさを取り戻せた母の言葉

 
自分らしさを封じ込めていた獏さんが中学1年生のとき、お母さんがこんな言葉をかけてくれたそうです。
 
『漠が髪を切るって言ったときは、漠がそうしたくて決めたことだと思っていたけど、本当は嫌だったんだね。気づかなくてごめんね。』
『お母さんは今の無理をしている漠より、楽しそうにしている漠を見るほうが幸せ。』
 
獏さんが気持ちを打ち明けたわけではないのに、お母さんが獏さんの心に気がついてくれたんですね。
 
これをきかっけに「自分が幸せになろう」「お母さんを幸せにしたい」と思えるようになり、封じ込めていた自分を開放することができたそうです。
 
何を言われてもくじけずに、自分らしく生きることを選べた分岐点には素晴らしいお母さんの言葉があったんですね。
 

自分らしさの大切さを主張した弁論大会で全国2位

 
中学3年生のとき、自分らしく生きられるようになった内面の成長をありのままに表現した弁論文を国語の先生が高く評価して、弁論大会に出ることを勧めてくれたそうです。
 
お母さんの後押しもあって、勇気を出してチャレンジしました。
 
校内での選考会を経て、隠岐島の弁論大会、そして島根県大会へと進みました。
2018年少年の主張島根県大会で県知事賞を受賞し、全国大会では文部科学大臣賞(2位)に輝きました。
 
 

 

とっても勇気づけられる素敵な内容です。

全文を紹介します。一読する価値がありますよ!

 

「カラフル」

海士町立海士中学校
3年 井手上 漠

 昔から女の子のする遊びが楽しくて自分に合っている気がしていました。サッカーをするよりお人形で遊ぶ方が何倍も楽しかったのです。
 そんな僕が「自分は人とは違う。変わっている」と気がついたのは小学校高学年の頃でした。
「気持ち悪い。」
 いきなり、耳を疑うような言葉が僕の耳に飛び込んできました。え、僕のこと?僕のどこが気持ち悪いの?
 その日から僕は周りから変な目で見られているように感じました。そこから、少しずつ自分を変えようとしました。肩まであった長い髪をバッサリ切って、なるべく周りの男子に合わせました。鏡を見る度、理想の自分ではない自分が映っていて本当に辛かったです。 
 けれど、そのときの僕はありのままの自分ではいられなかったのです。楽しくはなくてもできるだけ男子と関わろうとしてみました。無理をするのは思っていたよりも何倍も何倍も苦しかったです。色のない、白黒の毎日でした。
 そんな僕を認めてくれたのは母でした。
 母は言いました。
「漠は漠のままでいいんだよ。それが漠なんだから」と。
 無理をして固くなっていた心が解けていくように感じました。母は僕のすべてをわかってくれていました。女の子と遊ぶ方が落ちつくことも、髪が長い方が自分らしいと思っていることも、そして、そんな自分は変わっていると悩んでいることさえも…。
 母が味方でいてくれるなら僕はありのままの僕でいよう、周りの目なんて気にしない、自分らしくいよう、母のためにも楽しく生きようと強く強く思いました。
 その日から僕は自分らしいしゃべり方で自分らしい仕草で自分らしい毎日を送っています。自分らしく堂々と生きていると自然と友達も僕を理解してくれ、楽しく話せる人も増えていきました。僕の世界が少しずつ色づき始めました。僕のことを変な目で見ていた人たちとも今では仲よくなっています。母の愛情のおかげです。
 僕には将来の夢があります。それは美容師になることです。成長するにしたがって、僕は美容やファションに興味を持ち始めまし
た。雑誌を読んで研究することも大好きです。今は自分を美しくすることに夢中ですが、将来は人を美しくする、そしてたくさんの人に喜んでもらいたいと思うのです。
 もし今、ありのままの自分を認めることができず、悩んでいる人がいたら僕は伝えたい。あなたはこの世界にいなければならない人だということを。
 世の中にはいろいろな人がいます。自分と同じ人間は世界中どこを探してもいません。考えることも好きなことも大切なことも一人ひとり違うのです。一人ひとりが違うからこそ、相手に興味がわき、もっと知りたいと思ったり、愛しく思えたりするのではないでしょうか。
 雨上がりの空にかかる虹が美しいようにさまざまな色が輝き、調和すればこの世界はもっと美しくなると思うのです。一人ひとり
が自分を自由に表現できる世界。そんなカラフルな世界を一緒に作っていきましょう。

自分を押し殺していた「色のない、白黒の毎日」から「カラフルな」自分らしい生き方をつかんだ心の変化が感動と共に伝わってきますね。
 
ありのままの自分でいることの素晴らしさを感じさせてくれるのが井手川獏さんの魅力です。
 
 

『第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』DDセルフプロデュース賞を受賞

 
ジュノンボーイコンテストは隠岐島の診療所の主治医が勧めてくれて応募したそうです。
 

 
SEKAI NO OWARIの『RAIN』を優しく歌い上げ、観客がその歌声に聞き惚れて、会場の空気が変わったとか。
 
弁論大会の「カラフル」と通じる自分らしさを大切にするというメッセージが感じられますね。
 
DDセルフプロデュース賞は自分自身を理解して存分にステージで発揮出来ていた人に送られるので、井手川獏さんの受賞には納得です。
 

自分自身を貫く強さと魅力

 
その後、井手川獏さんは「行列のできる法律相談所」に出演し全国的にも有名になり、SNSのフォロアーが4万人を超えました。
 
「可愛すぎる美少年」として注目され、2回めの「行列のできる法律相談所」ではブルゾンちえみさんが隠岐島に行って、獏さんに密着取材しました。
 
部活や女子会を楽しむ様子、可愛い学ラン姿、そして自宅や姉の暖乃さんなどが紹介されました。
 
ジェンダーレスキャラを作り上げているのではなく、自然体の可愛らしさが感じられましたね。
 
自分らしくいることって、実はとっても強いこと。
 
可愛らしい外見が注目されがちですが、自分を貫いている姿がとっても魅力的です。
 
ベストジーニスト「次世代部門」にふさわしい人物ですね。
 
 
 

デニムの着こなしが可愛すぎる画像を紹介

 
インスタを見ると、ナチュラルな着こなしを好んでいるようです。デニムやジーンズも愛用しているみたいですね。
 
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

漠ファン(@bakunchan.cute)님의 공유 게시물님,

 
茶色のオーバーオール、可愛いですね。
 
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井手上 漠(@baaaakuuuu)님의 공유 게시물님,

 
リラックスした雰囲気、いいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井手上 漠(@baaaakuuuu)님의 공유 게시물님,

 
ショートのデニムパンツ!可愛い。
 
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井手上 漠(@baaaakuuuu)님의 공유 게시물님,

 
この写真には男性も感じさせてくれるというコメントも。
菅田将暉さんに似ているという感想もありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井手上 漠(@baaaakuuuu)님의 공유 게시물님,

 
髪型や雰囲気が平手友梨奈さんに似ているというコメントも。
 
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井手上 漠(@baaaakuuuu)님의 공유 게시물님,

 
透明感、半端ない!
 
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井手上 漠(@baaaakuuuu)님의 공유 게시물님,

 
デニムのトップスもお好きみたいですね。似合ってますね。
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井手上 漠(@baaaakuuuu)님의 공유 게시물님,

 
 
デニムを自分らしく着こなす井手上獏さん、素敵ですね。
 
スポンサーリンク
 

井手上獏さんに対する韓国の反応は?

 

韓国で「日本で最も可愛い男子高校生」として話題に!

 
日本で有名になると同時に、韓国でもSNSを通じ「日本で最も可愛い男子高校生」として井手上獏さんが話題になりました。
 
「나보다 예쁘네(私より可愛い)」「성별이 뒤바뀐 듯하다(性別、間違ってるんじゃない?)」「진짜 청순하게 예쁘다(ホントに清純派の可愛さ)」など、韓国のSNSでも井手上獏さんの可愛さにびっくりしたというコメントが多く見られました。
 
「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」はイケメン芸能人の登竜門として韓国でもよく知られています。
 
日本の芸能界に関心を持っている若い人は、どんな人がファイナリストになるのか注目していて、コンテストの様子がインターネットでも紹介されています。
 
そんな中、『第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』に登場した井手上獏さんは、韓国の若者たちにも衝撃を与えたようです。
 
 
일본 미모 아이돌, 이데가미 바쿠 ‘충격 반전’
日本の美貌のアイドル・井手上獏「衝撃のどんでん返し」
 
可愛い女の子にしか見えないけれど、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに登場した「男の子」だなんて、信じられないという反応もありました。
 
 

韓国の女優イ・ヨニさんに似ている!?

 
韓国のSNSでは井手上獏さんを見て「이연희 닮았다 생각했는데 남자라니(イ・ヨニに似てると思ったら男の子だったなんて!)」という声が上がりました。
 
イ・ヨニさんは韓国でも人気が高い美しい女優さんです。
 
 

女優イ・ヨニさんのプロフィール

生年月日: 1988年2月26日
出生地 :韓国全羅南道海南郡
身長: 170cm
デビュー:2001年
主な出演作品:映画「百万長者の初恋」(2006年)、映画「純情漫画」(2008年)、ドラマ「再会した世界(2017年、SBS)、ドラマ「恋するパッケージツアー」(2017年、JTBC)
 
 
 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@stylist_hjw님의 공유 게시물님,

 
 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@stylist_hjw님의 공유 게시물님,

 
 
イ・ヨニさん、井手上獏さんと確かによく似ていますね。
 
特にイ・ヨニさんがデビューしたての若い頃の写真は、シンクロ率高いですね。
 
 
 
可愛さと、ジェンダーレスの魅力が韓国でも注目されている井手上獏さん。
 
自分らしく生きる素敵な生き方が今後、韓国や世界の人々にも元気を与えてくれるでしょう。
 
今後は美容の知識を生かしてモデルとして活躍していきたいと夢を語っています。
活躍に期待したいですねね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください