必見!韓国語のローマ字表記を韓国語らしく発音する方法を解説

[char no=”3″ char=”biz01″]

韓国の取引先に郵送する物があったので
住所をローマ字表記で教えてもらったんですよ。
会社は大邱(テグ)市にあるんですが、
大邱(テグ)をローマ字で書くと 「Daegu」なんですね。
ずいぶん、発音と違いますね。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

そうですね。
看板にはローマ字が併記されていまけど
確かに実際の発音とは違うこともあります。

[/char]

[char no=”5″ char=”bia03困る話す”]

韓国人の方から名刺を頂いたことがあります。
僕は韓国語が読めないから、ローマ字を見るんですが
結局発音がわからないことがあります。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

ごもっともです。外国人にはわかりにくいですよね。

[/char]

[char no=”6″ char=”biz04話す”]

取引き相手の名前や会社所在地ぐらいは発音を知りたいです。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

わかりました。では韓国語のローマ字表記法についてお話ししましょう。

[/char]

スポンサーリンク

韓国語のローマ字表記は発音と違う!?

韓国語ローマ字表記は発音を表すものじゃない

韓国では文化観光部「国語のローマ字表記法」(2000年)によって
韓国語のローマ字表記の方法が規定されています。
 
韓国語の文字であるハングルはローマ字と同じような方法で
発音を表している表音文字です
 
「가」は「か」と発音します。
「ㄱ」は子音で「K」とよく似た発音です。
「ㅏ」は母音で「A」と同じ発音です。
가 =ㄱ+ ㅏ=K+A=KA=か
となるわけです。
 
とても規則的ですね。
 
「だったら、ローマ字表記を見れば発音がわかるはずですよね!!」
 
残念ながら、そう簡単ではありません。
 
ローマ字表記は、そもそも発音を表すものではなく
韓国語の文字をアルファベットに置き換えて表記したものです。
ローマ字表記を見れば、ハングルでどう書くのかはわかるのですが
発音はいろいろな規則があるので難しいのです。
 
実は、日本語のローマ字表記も同じことです。
日本では小学校の国語の授業で「訓令式ローマ字」というのを習います。
これは日本語をアルファベットで書き表す綴り方です。
英語の発音と似たものになることを重視した綴り方に「ヘボン式ローマ字」があります。
実際には、こちらがよく使われています。
他にも、いろいろ種類があって奥が深いんですよね…。
 
日本語の基本的な母音は「あいうえお」の5つだけです。
そして「ん」「っ」以外は音節が母音で終わります。
ですから、ローマ字表記をそのまま読んでも
実際の発音との違いが比較的少ないんですね。
 
一方、韓国語は
母音21個、子音19個の組み合わせでできています。
子音で終わる音節もあります
日本語とはちがってローマ字表記の音読と
実際の発音には大きな違いがあります
 
韓国でも外国人にも発音しやすいローマ字表記法に改善しようという動きもあります。
 
でも…結局、今のところ
韓国語のローマ字表記から
韓国語の発音を知るのは難しいということです

韓国語ローマ字表記法と具体例

韓国語ローマ字表記法(2000年)

1、母音
1)単母音
a eo o u eu i ae e oe wi

2)二重母音

ya yeo yo yu yae ye wa wae wo we ui

2,子音

 
子音の前/語末 k  t  p
母音の前 g d b
kk k tt t pp p
ㅇ※
j jj ch s ss h n m r, l ng

※「ㅇ」初声では無音になるので省略

ローマ字表記の具体例

 
 
では具体的な例を見てみましょう。
 
「ソウル」はハングルでと書きます。
これを上の表記法にしたがってローマ字に置き換えてみましょう。
ㅅ=s
ㅓ=eo
ㅇ=(初声無音)省略
ㅜ=u
ㄹ=l
これを横一列に並べると「Seoul」となります。
ローマ字読みすると「セオウル」になっちゃいますが
そんなふうに発音しないのはお分かりですよね。
 
では、もう一つ
 
冬期オリンピックがあった「平昌(ピョンチャン)」は「」と書きます。
これもローマ字に置き換えてみましょう。
ㅍ=p
ㅕ=yeo
ㅇ=ng
ㅊ=ch
ㅏ=a
ㅇ=ng
これを横一列に並べると「Pyeongchang」となります。
長くなる場合はハイフンを入れて「Pyeongchang」と書きます。
ローマ字読みしようとすると…「ぺオング チャング???」
ずいぶん本来の発音とは違います。

 

[char no=”5″ char=”bia03困る話す”]

ローマ字表記と発音に違いがあることはわかりました。
でも、僕みたいに韓国語がわからない人は
ローマ字表記を頼りにするしかありません。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

そうですよね。

[/char]

[char no=”5″ char=”bia03困る話す”]

何か方法はありませんか?

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

ご安心ください。
韓国語が全くわからなくても、
ローマ字表記を本来の韓国語によく似た発音で読む方法があります。

[/char]

[char no=”6″ char=”biz04話す”]

そうなんですか。
看板なんかも読めるようになりますか。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

はい。いっしょにやってみましょう。

[/char]


ローマ字表記を韓国語らしく読む方法

nの次のgは無視しちゃう

では、いくつかローマ字表記の韓国語を読んでみましょう。
Gyeongbokgung
Apgujeong
Euljiro sam-ga 
Jamsil 
 
このままローマ字読みすると…ギェオングボックング???かな???
分からないものがありますね。
 
まず、nの次のgは無視することにしましょう。
 
ngは韓国語の子音「ㅇ」を表します。
これは「 n」とよく似ているのですが「 n」の後に喉を閉めて
鼻音が残る感じの発音になります。
 
でも、細かいことは後で韓国語を習ってからということにしましょう。
だいじょうぶ、今回は無視します。
 
Gyeongbokgung
Apgujeong
Euljiro sam-ga 
Jamsil 
 
ちょっとスッキリしてきましたね。
 

「u」「e」「o」の前にある母音は無視しちゃう

例えば母音の「ㅗ」と「ㅓ」を比べてみましょう
「ㅗ」(o)すぼめて「オ」と発音します。
「ㅓ」(eo)く開けて喉の奥の方から「オ」と発音します。
明らかに別の発音なんですが、
私たち日本人がカタカナで書くと、どちらも「オ」です。
 
この微妙な違いは、今回は無視しましょう。
 
そのために「u」「e」「o」の前にある母音は
思い切って無視します。
 
Gyeongbokgung
Apgujeong
Euljiro sam-ga 
Jamsil 
 

先頭、子音と母音に挟まれていたらg→k、d→t、b→p、j→ch

この段階は省略しても発音には支障ありません。
 
でも、カタカナで認識できたほうがはじめての方にはわかりやすいので
ひと手間加えましょう。
 
複雑に見えるかもしれませんが
簡単に言うと、カタカナの濁りが消える感じです。
 
ガ→カ、ダ→タ、バ→パ、ジャ→チャ のように。
 
これを適用してみます。
 
yeongbokkung
Apkujeong
Eulchiro sam-ga 
Chamsil 
 
これで準備OK。
後は音読するだけです。
 

読むときに韓国語らしくするコツ

最後尾と子音の前のm、pは口を閉じるだけ

最後尾と子音の前のlは英語のlみたいに発音する

 
この2つにだけ気を付けて、あとは普通にローマ字読みで発音してみてください。
 
Kyeongbokkung
Apkujeong
Eulchiro sam-ga 
Chamsi
 
発音してみましたか?
 
では、答え合わせです。
 
これらは全部ソウルにある建物や地名です。
 
Gyeongbokgung =キョンボックン(경복궁: 景福宮)
Apgujeong =アックジョン(압구정: 狎鷗亭)
Euljiro sam-ga =ウルチロサムガ(을지로3가: 乙支路三街)
Jamsil =チャムシル( 잠실:蚕室)
 
 

[char no=”1″ char=”ユラ”]

どうでしたか?

[/char]

[char no=”6″ char=”biz04話す”]

なんとか発音できました。
この調子なら、看板のローマ字表記も読めそうです。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

よかったですね。

[/char]

[char no=”3″ char=”biz01″]

人名も同じようにすればいいんですよね。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

基本的にはローマ字表記法に従うことになっているんですが
苗字の方は、いろんなバリエーションがあるんです。

[/char]

[char no=”5″ char=”bia03困る話す”]

え~!そうなんですか。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

でも、よく目にすることになりますから
きっと大丈夫ですよ。

[/char]

スポンサーリンク

姓のローマ字表記はバリエーションがある

ローマ字表記法は何度か改正されてきています。
現在は2000年に改正されたものが適用されています。
 
人名のローマ字表記は韓国人がパスポートを作る時に必要になります。
一度、表記を決めると、それをずっと使いますよね。
 
苗字に関しては2000年の以前の旧表記法も許容されています。
 
また、英語にすると悪い意味になるものは避けたり
外国人が発音しやすいものにしたりするのも許容されています。

主な姓のローマ字表記

ハングル 漢字 カタカナ ローマ字表記
キム Kim Gim  
Lee Yi  
パク Park Bak Pak
チョン Jung Jeong Chung
チェ Choi Choe  
チョン Cho Jo  
カン Kang Gang  
Yoo Yu You
ユン Yoon Yun  
チャン Jang Chang  
ムン Mun Moon  
Bae Pae  
ソン Song Soung  
ファン Hwang Hoang  

 

人名のローマ字表記の具体例

姓については上の表を参考に、
後は、先程の読み方を参考にして
人名を読んでみましょう。
 
有名な方々です。誰だかわかるかな?
 
①Bae Yong-jun
②Moon Jae-in
③Yoo Jeong-yeon
 
 
では、答え合わせです。
 
①Bae Yong-jun=ペ・ヨンジュン( 배용준: 裵勇浚)
ヨン様です。懐かしいですね。
 
②Moon Jae-in ムン・ジェイン( 문재인:文在寅)
現在の大統領です。
文さんはMoonを使う人が多いみたいです。
 
③Yoo Jeong-yeon ユ・ジョンヨン(유정연:兪定延)
TWICEのリードボーカルのジョンヨンです。

 

[char no=”1″ char=”ユラ”]

いかがでしたか?

[/char]

[char no=”6″ char=”biz04話す”]

人名、全部わかりました。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

すごいですね。

[/char]

[char no=”6″ char=”biz04話す”]

おもしろいです。
韓国語も勉強してみたくなってきました。

[/char]

[char no=”1″ char=”ユラ”]

ぜひ!!
韓国語って、規則をつかめば発音できるようになります。
韓国出張を期に、韓国語を学びはじめるかたも多いです。

[/char]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください